ノミの被害を抑えるには|イタチ駆除は法律を守って行おう|難しい害獣退治はプロに相談
男の人

イタチ駆除は法律を守って行おう|難しい害獣退治はプロに相談

ノミの被害を抑えるには

虫

原因究明が大切

ノミに噛まれると蚊に刺されたときより強い痒みが長く続き、赤くミミズ腫れになることもあります。昔は伝染病を媒介することで恐れられましたが、今でも引っかき傷を作ると細菌に感染する恐れがあります。ペットを飼っている家庭では、ノミの被害も起きやすくなります。専用のシャンプーや首輪など、ノミ取り効果のある製品を利用すると効果的に被害を防止できます。市販の殺虫剤などで部屋のノミ駆除をしても、被害が再発する場合があるので注意が必要です。たとえば野良猫が床下に住みついていたり、天井裏にネズミがいたりすると、そこから何度でもノミが発生します。ノミ駆除の際には室内だけでなく、発生源を突き止めて取り除くことが大切です。

再発防止のために

ノミ駆除をするには成虫だけでなく、幼虫を駆除することも重要です。ノミの幼虫はカーペットや畳の隙間に潜んでいるので、念入りに掃除してから殺虫剤を散布します。ペットを屋外で飼っている場合は、犬小屋の周辺などにも薬剤を撒く必要があります。市販のスプレーや燻煙剤でも退治できますが、被害がひどい場合にはカーペットや畳を上げて、床下や天井裏にも薬剤を散布しなければなりません。何度も被害が再発するときは、専門業者に依頼して徹底的にノミ駆除を行なうのがお勧めです。市販の薬剤で解決できない被害にも対処でき、ノミを発生原因から取り除けるため人気があります。定期的に防除処理を行なえば、被害を未然に防ぐことも可能です。