男の人

イタチ駆除は法律を守って行おう|難しい害獣退治はプロに相談

イタチの駆除と法律の関係

イタチ

近年はイタチによる害獣被害が増加傾向にあり、イタチ駆除について考えている人も多いとされます。イタチは学習能力がある賢い動物で、駆除に成功してもまた戻ってくることがあるといわれています。そのため、駆除して再被害も防ぐ万全なイタチ駆除を行う必要があります。また、イタチには鳥獣保護法や狩猟法が関係している動物なので、法律についても知っておくこと必要があります。イタチの捕獲は基本的に捕獲期間内にしか行えないので、期間外で捕獲をしたい場合は市町村に許可申請をします。捕獲したい場所が他者の敷地内である場合は、土地所有者の許可も必要です。しかしイタチのメスに関しては、生態系を壊さない目的で捕獲期間に関係なく捕獲することが許されていないので捕獲しないように注意すると良いです。

イタチ駆除に用いる道具は、捕獲用の仕掛けや忌避剤があります。捕獲用の仕掛けにはイタチが好きな食べ物を入れて、おびき寄せて捕獲をします。好きな食べ物は、から揚げ・果物・魚肉ソーセージなど用意しやすいものが多いです。忌避剤は固形・煙・スプレーなどいろんな形状があり、使う場所によって使い分けます。固形は室内に置く事もできますが、色が下に付く製品もあるので皿のような器に入れて置くと良いです。スプレーは建物の出入り口やイタチの侵入口に向きますが、侵入口にスプレーする時は中にイタチがいないことを確認してから行います。煙は屋外用で、効果は風向きによります。風の強い日には効果が半減する可能性があるので、風が緩やかな日に使用することが勧められています。他の駆除方法としては光の活用があり、イルミネーションやCDの反射で寄せ付けないようにすることもできます。イタチ駆除は忌避剤や光の活用であれば法律が関係しないので許可は不要ですが、捕獲をする場合は許可や期間が大事です。

自分で出来るハチ退治

ハチの巣

アシナガバチは自分で駆除することが難しくありません。殺虫剤にとても弱いために、ハエ取り用の殺虫スプレーで容易にハチの巣ごと駆除が可能です。アシナガバチもスズメバチも、女王蜂以外は越冬することが出来ません。春になると女王蜂は巣作りを始めるために、その時期に女王蜂と巣を駆除することが一番効果的なのです。

もっと読む

巣を見かけたら対処

蜂

ハチの中でも特に気をつけなければならないのがスズメバチで、秋になると動きも活発になり注意が必要となります。蜂の巣を見つけたら、危険なので近づかないことが大切です。役所や駆除業者に連絡し、すぐに対応してもらいましょう。

もっと読む

ノミの被害を抑えるには

虫

ノミ駆除は野良猫やネズミなど、発生源を見つけて取り除くことが大切です。幼虫も一緒に駆除するため、念入りに掃除して殺虫剤を散布します。被害がひどい場合や再発する場合には、専門業者に依頼して徹底的に駆除するのがお勧めです。

もっと読む